福井市A様邸(注文住宅)

私たち太田忍工務店で建てました » 

福井市A様邸(注文住宅)

福井市A様

家づくりのきっかけをお聞かせください

私は以前、大手プレハブメーカーの家に住んでいました。子供の成長と共に間取り等、家が手狭になり、建て替えを考えました。
以前の住居の場合は定型品であったため、こちらの要望が一部分しか反映されず、家づくりとはこのようなものなのかと感じていました。
また、北陸の風土に合致しておらず、絶えず湿気やカビ等に苦慮していました。

そこで今度は、自分や家族の意見を主に、福井の風土に合った家を建て、家族がゆとりを持って生活したいと考えました。

しかし建築にはまったくの素人!!
そこで、私の家づくりは信頼がおけて、技術に優れている工務店探しから始まりました。

家といっても、表面は良いが使い勝手が悪い家、安さを売りにする家、見えない所は手を抜いてある家など、様々なことを知り、本物の仕事をする工務店を探した結果、太田忍工務店にお願いする事にしました。
それは、太田忍工務店さんの場合、まずお客の立場になって助言して頂けるからです。

こちらはまったくの素人。ですが、不要なものはいらない。毎日使用する場所は可能な限り使いやすくする事等、全く気が付かない事を助言いただきました。
また、専門業者(下請け)の方の技術も一流で、多くの工程を経て完成される家は、工務店だけの力では出来ないことは知っていたため、実際の建てている現場に赴き、専門業者の方に説明を受けました。

その時の専門業者の方の対応及び技術に驚き、この工務店なら工務店のみならず、専門業者の方も信頼できると確信し、決定いたしました。
実は、この時点で私の家づくりの80%は成功したと思っています。

そこまで言い切るのもすごいですね?

本当に良い住宅を建てたいと思えば、信頼できる本物の工務店を選ぶことが一番重要なことだと考えています。

例えばブランド品がいつの時代も同じように売れるのはなぜでしょうか?

それは、本物の質の高い商品を提供し続けているからです。本物の工務店にはそれと同じことが言えます。本当にいい家を建て続けているから長い間、地に足をつけて仕事ができる訳です。

先代の時に建てたお施主さんから、リフォームや家のメンテナンスを任されたり、お子さんが新築される時にも指名されたりと、二代三代と付き合いが続いていることや、太田さんの下請けで現場に来ている専門業者さんの話を聞いて、太田忍工務店さんは、本物の家づくりをしている工務店であると確信しました。

太田忍工務店での家づくりはどうでしたか?

私の場合は、間取りをある程度考えていたのと、だいたいのイメージ、そして予算を伝えて、後は任せました。建築の詳しいことは分からないですし、任せれば間違いがないと思ったからです。
結果は案の定満足いく仕上がりになりました。島田常務に言わせると、私のようにここまで任せることはめずらしいようですが、私はそれでいいと思っています。

先にも言ったように、工務店を選んだ時点で私の家づくりはほぼ成功しているからです。後はこちらから伝えたことをどんな形で実現してくれるのかを確認するだけです。

妻も同じように満足しており、使いやすい家事導線が大のお気に入りのようです。

工事中にも、現場の大工さんと話をしていて、「ここに子袋なんかあれば便利やで」と言って、もともと予定にないことでも率先して提案してくれますし、実際にやってくれます。

太田さんの大工は、めずらしく下請けではなく社員ですが、他の下請け業者でも同じように、腕のいい本物の業者が集まっています。良い工務店には、良い業者が集まるもんです。工務店に限らず、良い仕事をする会社や人は、必ずそれに見合うブレーンを持っています。

完成後にも、建具屋の社長がうちに来て、どれだけ良い材料を使ってきっちり仕上げているか自慢していきました。自分の家をそれに携わった業者の一人が自慢する訳です。
私はそんなところまで知りませんでしたが、これは限られた予算の中で、めいっぱいのことをしてくれている証拠だと実感しました。

今の世の中、コストダウンでそのしわ寄せが下請けの業者にどんどん回ってくる時代です。でも良いものはそれだけの値段がするものです。それを無理に値段を下げようとするから下請けのレベルも下がり、見えないところで手を抜いたり、欠陥住宅が生まれたりする訳ですが、本物の仕事をする工務店では、当たり前のことを当たり前にしてくれ、知らないところでも手を抜くのとは逆に、想像以上のことをしてくれるものです。

太田さんの人達が言ってたことが頭に残っています。「自分が住みたいと思う家が、お客さんも住みたい家だ」と。
裏を返せば、自分が住みたいと思わない家は建てないということですから、安心して任せることができました。

これから新築される方に家づくりの先輩としてアドバイスはありますか?

これから新築される方も、太田忍工務店さんのように、信頼できる会社を選ぶことをお勧めします。それを見抜くのもなかなか難しいことかもしれませんが、何回でも実際に会って話を聞いて感じてください。また、実際にそこで建てたお施主さんの意見や、新築現場に出かけていって、業者さんに話を聞けるなら、ぜひそうしてください。

良い工務店は、名医に似ているとも思います。名医は、患者さんの話をしっかりと聞き、またその症状や具合を見て適切な判断をします。自らがその病気を治せない場合でも、その症状に適した専門医を紹介することで患者さんにとって最も良い処置をする訳です。

工務店の場合では、新築を考えている方の希望やイメージ、予算、今そして未来の家族構成などを伺って、お施主さんの状況や想いを正しくくみ取り、その範囲の中で最大限適していると思われる家を提案し、それを現実に建てることが当てはまります。

それが出来なければ、メンテナンスを任せてもらうことも他のお客さんを紹介してもらうこともできません。

ですから、長く付き合っているお客さんがいるかどうかを確認したり、実際の施工事例を見る時も、そのような視点を持って話を聞いてみたりするといいでしょう。

担当者のコメント

島田 雅人A様、わが社をこれほど信頼していただきまして、本当にありがとうございます。
現場を預かる者の立場としては、施主様の御期待に添い、信頼して任せて良かったと後々まで思っていただける様、精一杯させて頂きました。 又、工務店のあるべき姿を再認識できる貴重なご意見を忘れずにこれからも励んでいきたいと思います。

今後とも、末永いお付き合いを宜しくお願いします。

標準 特大